March 24, 2006

卒業式

 今日は市内の小学校の卒業式。今教室で面倒を見ている小学6年生も無事に卒業。中学生になっても一緒に勉強するから、まぁ、節目っていう感じかな。

 オレの小学校卒業はもう30年以上も前。式典はどうだか知らないが、寄せ書きとか、卒業アルバムとか、今も昔もやってることはあまり変わらない。
 小学校の卒業で思い出すのは、入場の時の行進曲と、担任の先生からの寄せ書き。
 入場行進曲は「威風堂々」。エルガー作曲の有名な行進曲だ。当時はもちろんそんなこと知らなかったけど、小学校時代の思い出と結びついて、強烈な印象が残っている。
 もうひとつ、担任の先生が寄せ書きに書いてくれたのは、有名な漢詩。

 少年老い易く学成り難し

 一寸の光陰軽んずべからず

 未だ覚めず池塘春草の夢

 階前の梧葉已に秋声

 これだけじゃあよくわからんので、その意味するところも書いてくれていた。せっかく書いてもらったのに、それを教訓として過ごしてこれたかは・・・(^◇^;)

18:32:00 | cetus | | TrackBacks