March 13, 2006

一区切り

 手話講習会の閉講式があった。講習を修了したということで、一区切りかな。今年は講習会だけでなく、サークルも欠席が多かった。ちょっと中だるみというか、さぼり気味というか、手話に関しては気合いの入ってない1年だったなあ。

 閉講式といえば、各クラス代表によるスピーチ。うちらの代は、初級から上級まで話し合いで代表を決めていた。
 今年の通訳養成クラスは、これまでに代表スピーチをやったことがある人がほとんどだった。んで、結局はくじ引きで代表を決めることに・・・。

 閉講式後半。初級昼クラスから、順々に代表のスピーチ。通訳養成応用コースは一番最後。当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、やっぱうちらの代表のスピーチが一番良かったね(手前味噌か^^;)。内容はコンパクトにまとまってるし、表情なども含め、気持ちの伝わってくるスピーチだった。そうでなきゃ困るけどね・・・。

Posted by cetus at 11:25 P | from category: 手話 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks